「ミック・テイラー」ミック・テイラー






[PR]



2017年06月15日(Thu)
「ミック・テイラー」ミック・テイラー
1979年リリース、ミック・テイラーの初・ソロ・アルバム「ミック・テイラー」
ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズの後釜ギタリストとして参加したミック・テイラー、彼の参加したスタジオ・アルバムは『スティッキー・フィンガーズ』『メイン・ストリートのならず者』『山羊の頭のスープ』『イッツ・オンリー・ロックン・ロール』の名盤ばかりの4作品です。
ところがテイラーはストーンズを1974年12月に脱退、「メンバー間の個人的感情の問題ではなく、純粋に音楽的理由で脱退した。」とテイラーは語っている。
本作は1978年ごろからソロ・アルバムの制作にかかったようです、ストーンズ流のサウンドを期待したら肩透かしを喰らうと思いますが、ポップな一曲目から、渋いインストのブルース3曲目、唯一ストーンズぽい5曲目・・・残るインスト曲はフュージョンぽいサウンドでストーンズと切り離して聴くのならそれなりに楽しめるのでは?



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村ポチお願いします